赤福もちを食べよう

 

赤福餅

赤福

伊勢に行ったら食べておきたいのがこの赤福餅です。

およそ300年前に誕生したといわれているこの和菓子、お持ちの上にこしあんが乗っています。

今や伊勢の名物として定着しているので知っている方も多いと思います。

内宮にお参りする途中にある「おかげ横丁」には赤福の本店、そして内宮の近くには内宮前支店があるのですが、こうして写真のようにお店でまわりのにぎやかな雰囲気を感じながらお茶とともにいただくのもなかなかいいものです。

お土産をいただくのとはまた別の趣があります。

夏は赤福氷

夏は赤福氷なんてものも楽しめます。この赤福氷はその名のとおりかき氷のなかに餡と餅が入っています。抹茶のみつと餡と餅の組み合わせもありですね。

餡と餅は赤福そのものではなくて氷に馴染むようにつくってあるのだとか。

夏に神宮にお参りしたら帰りにこちらを食べてみるのもありですね。

朔日餅をゲットしよう

毎月一日には朔日餅(ついたちもち)といって月ごとにいろんな限定のお餅が販売されます。

毎月一日に早起きをして神宮にお参りすることにちなんでいるのだとか。

朝早くから起きて並ばないと手に入れられませんが予約するという手もあるようですね。

詳しくはこちらで

スポンサードリンク
スポンサードリンク

↑ ページの上部へ